アコースティックピアノや電子ピアノを処分するには、色々な方法があります。

市役所などが無料で引き取ってくれたらいいのでしょうが、ピアノは引き取ってくれない自治体が多いようです。

 

しかし、ピアノの処分を市役所に問い合わせると色々な処分方法を教えてくれます。

市役所ではピアノを引き取れないので業者を紹介してくれる自治体もあります。他には、ピアノ専門の買取業者があります。

ピアノは古くても買取の値段が付いたりします。

 

ピアノの買取業者は海外へ輸出して売りますので、ある程度壊れていても買い取ってくれたりします。

しかし、ピアノの置いてある場所などで買い取り値段が変わったりします。理由は、1階からピアノを引き上げるのと、2階からピアノを引き上げるのとでは労力や場所によってはユニック車などを呼ばないとダメだったりするので、作業費というものを買取価格から引かれてしまいます。

 

なので、あまりに古いピアノで買取価格が低いと作業費が越えてしまって、お金を支払わないといけなくなってしまいます。

古くて買取価格が付かなそうなピアノは無料引き取り業者の不用品回収という業者に頼むといいと思います。ネットで検索すると簡単に出てきます。

 

しかし、ピアノを引き取ってほしいと不良品回収業者に言うと引き受けてもらえない業者が多いですが、喜んで引き取りに来てくれる業者もいてるそうです。

ピアノを運ぶだけでも労力は結構かかりますので、買取価格がいい業者を頼むより、無料で引き取ってもらえればラッキーくらいに思っている方がいいでしょう。