愛車の処分方法にはいくつかのパターンがあります。

 

まずは、廃車処分にする場合です。これは比較的シンプルです。

ディーラー、または自動車修理工場などに廃棄処分を依頼して、それとセットで車検証も無効にするだけで終了です。

 

同じように車庫証明もその段階で無効になります。費用としては廃棄処分の費用と事務手数料だけということになります。

車検証の処理までいただくすることが可能ですから法的な処理も含めて非常に安心だと思います。

 

続いて、処分といっても売却を行う場合です。これは中古車専門店と個人間取引に分かれます。

 

まずは中古車専門店です。

こちらはいたってシンプルです。実際に査定をしてもらって、納得したうえで売買契約を結ぶだけです。

通常の物品とと異なるのは車検証の譲渡などが伴うことです。こちらも先方がプロですから基本的にはお任せしておけば問題ないでしょう。

 

最近では中古車買い取りに際してもインターネットで複数社の査定が簡単に出来るようになっていますので手数料も含めて最も有利な取引先を見つけましょう。

 

次に個人間の取引です。こちらも間に本来であれば、代理人を入れたほうが安心ですが期の知れた間柄なら直接取引も発生します。ここで重要なのはお金の件できちんと確認をすることです。

車検証の引き渡しなどよりもお金に気を使うべきです。

 

いずれにしても、通常の売買以外にも車検証などの手続きが付随することを車の処分では認識は必要です。

車の処分をするにはどのような方法があるか

自分で車の処分をする場合に主な方法としては主に3つほど考えられます。

 

一つは車を廃車手続きすることです。

廃車手続きをするには、手数料などの一定のコストが必要になります。

 

廃車手続きを自分で実行すると書類などの手続きがかなり煩雑で廃車手続きになれていない人はかなり戸惑うことが多いと思われます。

 

そこで利用したいのが、廃車専門業者や付き合いのあるディーラーを利用することで手数料は自分で実行するよりも余計にかかる可能性は高いですが、廃車手続きをミスなくスピーディに済ませることが出来ます。

 

二つはディーラーに下取りに出す方法です。

これは主に古い車から新しい車に乗り換える時に主に行われる方法です。

 

新車に乗り換えることがない場合にも下取りをしてくれますが、下取り価格にはあまり大きな期待をしないほうがいいでしょう。

 

最後に買取業者に売却する方法です。

他の二つの方法よりもこの方法が最も合理的な方法と思われます。

 

それは最近では、以前ではとても値段が付かないと思われていた古い年式の車や事故で壊れた車、動かなくなった車、車検切れになったままの車などでも値段が付くようになっているからです。

 

それに、ディーラーの下取り価格よりも買取業者の方の買取価格の方が高い値段が提示されることも少なくありません。

買取業者でも値段が付かなければ廃車手続きをすればいいので、まずは買取業者に見積依頼をしてみるというのが車の処分を考える時に優先すべきなのです。